お気に入りを表示
ホーム 遊び方&スポットを探す 外海(そとめ)の歴史とストーリーを感じる田舎料理体験(フランスと外海の料理体験)

外海(そとめ)の歴史とストーリーを感じる田舎料理体験(フランスと外海の料理体験)

今も受け継がれる外海(そとめ)の生きた文化を体感できる家庭料理体験。
ド・ロ神父の故郷に想いを馳せる食事処。

2018年7月、世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。キリシタンが「潜伏」したきっかけや、信仰の実践と共同体の維持のために密かに行ったさまざまな試み、そして時を経て「潜伏」が終わりを迎えるまでの歴史を物語る12の構成資産からなります。
その構成資産の2つが存在する外海地区は、キリスト教弾圧の風潮が強まり歴史の波に翻弄されながらも、脈々と信仰を継承し続けた人々の想いが息づく場所です。
そして、体験の場所となる『ヴォスロール』の名前の由来は、外海地区の発展に大きく寄与した人物ド・ロ神父の故郷、フランスのノルマンディー地方の村の名前であり、Tabedokoroは、旧出津救助院の食堂の名称からつけられました。
「ド・ロ様畑」と言われるド・ロ神父が開墾した畑から収穫した野菜や小麦を主に、外海の郷土料理はもちろん、この場所ならではの、季節に合わせた料理を作ります。内容はご相談ください。
小学生以下は応相談
基本情報
料金 大人2,750円 小人1,750円
参加可能人数 4人〜
体験日 ご相談ください
体験可能時間 10:00~
所要時間 2時間以上
予約締切 1週間以上前
受付場所 Tabedokocoボスロール
受付場所住所 長崎市西出津2696-2
予約電話番号 090-3418-2173

アクセスマップ